11月23日といえば
何の日かといえば
チャットモンチーの「chatmonchy has come」が
2005年に、発売された日なんだよな

ちなみに
このミニアルバムを買ったタワレコは
もう、ないんだ


あの日
CDを手に取ったぼくは、こう思った
「ジャケットに、メンバーの顔出てるけど
なんだか、ぼんやりしているな」
ぼくは、やれやれと思いながら
乾いたりんごをかじり
ストーブの上の、湯気立つやかんを見つめた

それよりも以前
「chatmonchy has come」に収録される
「ハナノユメ」の視聴が、ネットではじまった時
思っていたよりも、激しいバンドなんだ
そう、思った

もう、おわかりだろうが
当時の視聴といえば、YouTubeでなく
ストリーミングで
音質も、なんだかジャリジャリしている感じだったのです
だから
女性三人のバンド、で想像していたのより
ゴリゴリしている、と思ったの



そんな
チャットモンチーを知ったのは
ロッキング・オン・ジャパンで
新星現る的な記事を読んで
(確か、山崎洋一郎さんが書いていたような)








そして、2005年年末
砂を噛むような毎日からの脱却(おおげさ)したくて
チャットモンチーが出演する
COUNTDOWN JAPAN 05/06 に初参加

このフェスは
幕張メッセで行われていて
ステージがいくつかあって
チャットモンチーは、ムーンステージだった
(気持ちとしては、満月に吠えろだろうか)

えっちゃん側は、人が多くて
あっこちゃん側にいって、近くでみて惚れた
しゃべるのは、クミコンだった

そこで言ったのだったか
イベントやると
タイトルは、「チャットモンチーの新宿で半熟」
なにそれー、絶対行く

あの
「歌舞伎町の住人」が、こいつ噛んだ、UNO
と、言ったとか、言わないとか
「歌舞伎町の女王」が、青噛んで、いって
と、言ったとか、言わないとかの新宿へ
(ずっと、これが言いたかった、会いたかった)

確か
この時に、新宿ロフトのステージの床を見て
ASIAN KUNG-FU GENERATIONの
後藤さんが、武道館のライブで言っていた
「(武道館の)ステージの床を、新宿ロフトみたいに
してもらった」
と、いうのを思い出した
確かに、白黒だった
チャットモンチーは、もちろん最高だったのだ

ANAの人が
「きょうは、チケットソールドアウトしましたが
SOUL'd OUTは来ません」
と、言ってたのが
あと、はじめてBase Ball Bearを見た


武道館でのライブで
最初の3曲を、「chatmonchy has come」からやって
めちゃめちゃ興奮したのです

思えば
ある夏に、お台場の駐車場でみた
「Strawberry JAM」も、女性3人バンドで
ここに、つながってくるのが
当時は、気が付かなったけど、どきどきする

あと
「高橋さんを、福岡さんだと思う現象」があって
なかなか、あたまのなかで一致しなくて

ほうら
ちょっとの思い出じゃ、ないだろう(じまんげ)
それじゃ、さよならGood bye


だから
きこうよ!チャットモンチー!

 
チャットモンチー、2018年7月をもって完結(コメントあり) - 音楽ナタリー


3ピースバンドだった
チャットモンチーが
完結を決めた、今年2017年の
紅白に、SHISHAMO ってのが
強引すぎるが、感慨深いわけです





まあ
なにが、すごいかって言うと
「チャット」とパソコンで打って
「チャットサポート」と共に
「チャットモンチー」が表示される
そんな世の中になるよ
と、あの頃のぼくにそう、言いたい
(ぼくのパソコンの、設定だけかもしれないけれど)